2010/12/23

定例議会もいよいよ明日24日クリスマスイブに最終日 を迎えます

11月26日より始まった今定例議会もいよいよ明日24日クリスマスイブに最終日を迎えます。


今回の一般質問は、23年度から始まる第2次教育ビジョンと市内にただ一つ残っているアカウミガメが産卵に来る吉崎海岸の自然海岸を守るための提言そして最後に介護施策だけでなく介護を行う介護者のサポート体制についての3点を質問しました。


その原稿はホームページの一般質問にはりつけてあります。もし興味があれば一度チェックしておいてください。


今回の吉崎海岸の質問について知人から地元の質問をされたのはこれからの地方統一選にむけてだねと指摘されてしまいました。この指摘を受けて私は本当にがっかりしました。
今年の7月にアカウミガメが産卵に訪れ、その卵がふ化し、とても可愛いちいさな子ガメが海に戻っていく姿がCTYで放送され、この見守りを行ってくれたのが「四日市ウミガメ保存会」のボランティアの皆さんでした。日頃から毎月第1日曜日に海岸清掃を行っていただいております。

私は、現在も消防団の一員で第1日曜の出動日と重なることもあり参加してはおりませんが、四日市市に、ただ一つある自然海岸を守っていこうとする活動に心から敬意評しています。また、四日市には、多くの貴重な動植物が生息している自然海岸があることを発信していただいた事に感謝しております。

しかし今回の質問が、この自然の保全がいかに重要であるかを一地域の自然としてではなくより多くの市民の皆さんに知っていただきたいとの思いが伝わらなかったこと残念でたまりませんでした。

次に今回の議会では、四日市市総合計画が議案提出されています。総合計画は10年をスパンとして策定され、これまでは基本方針を議会に示されるにすぎませんでした。

しかし前回の定例会において基本方針及び基本計画を含めた総合計画は議決案件となり今後四日市市の10年間がどのように市民にとってより良い四日市市になるのか、議会の責任が大きく、また重くなりました。

四日市市総合計画の策定は、特別委員会を持ち、27回にも及ぶ会議を行い慎重に議論されて議案第82号として提出されましたが議会の責任を考え、全議員で最終議論実施できるように4日間の特別委員会が持たれました。

その中で、感じたことを少し書きます。


人口減少時代がもうすぐやって来る事があきらかであるにも関わらず、行政は、より積極的に土地利用を活用することで人口増加の為の施策を行えるよう総合計画に示すことが重要であると多くの意見が出されました。しかし理事者からの答弁はコンパクトシティを目指し開発は都市計画マスタープランにそって実施していくと答弁が続きました。


当然お互いの意見は平行線をたどるばかりであり、長時間の議論の中で、感じた事は、私個人の考えですが、昭和の高度成長時代ならばともかく、現在の経済状況・若者の就労状況等を考えると、団地造成等の開発事業に光明は見出せないと思いました。開発に於いては公共交通機関や公共サービスのインフラ整備等あまりに膨大なコストがかかり、現在の財政状況を考えれば、到底無理な意見であると感じたところです。