2011/01/28

中学校給食の実施状況や今後の課題について

  今年の4月統一地方選・四日市市議会選挙に向けて、後援会活動を行っています。後援会に入会していただいている会員の皆様に、今後の政治活動でどの様な事を目指していくのかを綴った新しいリーフレットを配布したり、市政報告会を実施しているところです。

  1月25日には夜7時半から、防災政策について四日市市が独自に策定している補助メニューやその補助を受けるためにはどうすれば良いのかの説明と、これまで最も積極的に取り組んできた中学校給食の実施状況や今後の課題について報告を行いました。とても寒く、集まっていただいた人数は多くはありませんでしたが、その分、膝を突き合わせたとてもコミュニケーションのとれた報告会になりました。

  中学校給食をお孫さんは利用していない、利用するためには、目に見えるメニューの配布など具体的な助言をいただいたところです。このメニューは、学校の教室やインターネットには紹介されています。しかし全ての保護者がパソコンを利用できるものでもなく、利用者増加のための一つ手段として有効ではないかと感じたところです。

  四日市市では就学援助が小・中学校で行われていますが、現在何人の子供たちが援助を受けているのかご存知でしょうか?
 平成22年10月15日時点で小学生は1649名、中学生が995名の併せて2644名にのぼり約10%の子ども達が援助を受けています。
 この中学校給食が実施されたことで、昼食が、すべての中学生に確保された事は本当に良かったことだと理解していただきました。

  ただ、楠地区の給食問題では、調理方法が違うことで存続を求める保護者の理解が得られず楠中学校給食に関して、私の妨害によりこれまでの給食が継続されないとの心無い噂が流れていることを聞きました。本当に悔しく、怒り心頭でありますが、中学校給食をこの四日市市に実現するためには、弁当とデリバリー給食の選択制でなければ実施できなかったことをもう一度認識してもらいたいと思います。

  合併当時の楠小・中PTA役員さんたちが学校制度検討委員会において必死で多勢に無勢の中、給食の必要性を説き、また私は議会において一般質問等で行政に働きかけ楠地区に給食を残したいという思いが実を結んだと確信しています。その時の約束では、市内23地区の中学校でデリバリー給食の体制が整った際には、全ての中学校で給食制度を統一することが、給食存続の条件でした。

  ただ、この制度についてはベストであると私は思っていません、なぜなら利用率がとても低いからです。給食の必要性は、食育や子育てにおいて重要なアイテムであり、これからの教育環境の充実という視点においては、無くてはならないものだからです。

  より利用者を増やすためには、例えばモデル校として楠地区が行っているセンター方式の給食やなかよし給食の小・中学校版を提言しながら進めて行きたいと考えていましたが、地域エゴとも取れる現状により、誰にも後ろ指をさされない議論の中でのモデル校実現が不可能になってしまうのではと大変危惧しています。今一度これまでの経過をしっかり知っていただき、何が事実で何が必要なのか考えていただきたいと感じた1週間でした。

2011/01/17

”名古屋市議会解散を問う住民投票を考える公開討論会” に思うこと

1月10日、政令市で初めて実施される名古屋市議会の解散を問う住民投票を考える公開討論会が開催され11日にその記事が掲載された内容について意見を書きたいと思います。

河村市長が「議員は市民並の報酬にするべきだ」と議員報酬を年1633万円から、800万円に半減する条例を5回にわたり提案されたがいずれも否決された事や、市民税10%カットする政策を1年間しか認めなかった議会に対して双方の対立が深刻化し市長主導による議会リコール運動が展開されました。住民投票を行うための法定署名数が様々な経緯を経てクリアーし2月6日にいよいよ住民投票が行われます。

私は特例市の市議会議員であり四日市市議会の報酬は三重県内では最も高い報酬をいただいており市民の皆さんからも報酬について質問されることも多くあります。そこで今回7名のパネラーが色々な意見を述べられていますが、それらについて私自身の考え方を述べたいと思います。

河村市長が報酬を800万に下げる理由として自らの国会議員の経験を話し、外国の議員と比較しボランティアを強調されています。横井名古屋市議会議長は議会改革のきっかけは河村市長だと認めている半面、予算面や執行権を持つ市長がチェック機能を有する議会までも思い通りにできるようになってはダメだと指摘されています。

私たち議員は、それぞれ年齢や立候補する動機など、個人の環境は大きく違っていると思います。収入の面においても、議員報酬以外に有る人とない人が考えられますがたとえば、子育てを行っている議員で、議員報酬のみで生活を行っていこうとすれば、国民年金の加入・国民健康保険の支払が当然義務付けられます。

首長ではないので、退職金はありませんし議員年金の廃止が今年の6月に決まるようで、これまでの支払額の80%が返金される予定ですが負担額は月に約10万円を支払っています。当然ですがサラリーマンのように定期昇給はありません。

そして、最も大切な4年に一度は「議員として市民の皆さんに認めていただけるのか」を問う選挙を行わなくてはなりません。一生懸命市民のために、どうすれば皆さんの生活環境が向上するのか頑張っても、中々結果は出ないし議員も辛いよねと、1期目の方が愚痴をこぼしていましたし議会の中身を知れば議員のなり手は無くなるんではないかとも聞きました。

市民から集めた大切な税金をいかに市民サービスの向上に繋げるのか、利益を追求する民間企業では行えない教育・福祉施策等を構築していくのかが重要であり、世代間によって価値観の違いを補うには様々な世代の議員が必要であると考えます。

そのためには、竹下譲四日市大学地域政策研究所所長も優秀な人材を確保するための報酬は必要ではないかと言われております。今後も報酬に見合った仕事をしていると市民の皆さんに認めていただけるように努力していきたいと思っています。

それと、河村市長が賛成の議決を行わない事に対してリコール運動を仕掛けたことに関しては独裁になると言われても仕方ないかと思います。財源縮減のための議会経費であれば段階を踏む必要があったと思いますし、先に書いたように議員個人の環境の違いに配慮すべきではなかったのか、「子育て時代が終了した人が勝手なことを言っている」と思ってしまいました。

2011/01/05

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

2011年が始まりました。正月三が日の週刊天気予報はあまり芳しくないと言われておりましたが予想がはずれ、天気に恵まれた三日間を過ごすことができました。

元旦には7時3分素晴らしい初日の出を拝みながら、統一地方選に向けガンバロウとご来光に決意を固めたところです。

本日5日は、四日市商工会議所主催の賀詞交換会に出席し、その後市役所に初登庁してブログを書いております。1週間に1度を最低ラインにして今年も様々な思いや意見を書き綴ってまいりますのでこれからも宜しくお願い致します。