2011/04/16

4月17日いよいよ市議会選挙が始まります。

明日、4月17日いよいよ統一地方選挙の第二弾、市議会選挙が始まります。今日までは政治活動期間、明日からは選挙選です。
これまで政治活動として市政報告会や、後援会の入会活動を行ってきました。東日本大震災の前までは、4年間を振り返り実績報告を中心に報告会を行い、震災以降は、津波等の防災を中心に報告を行ってきたところです。
前回の選挙では中学校給食の実現を公約に選挙戦を行い昨年の11月、市内の全中学校において、家庭弁当とデりバリー(配達弁当)方式の選択が可能な中学校給食が実現しました。

利用率はまだまだ低い状況ですが、約9000人の中学生のうち、11.2%にあたる1000人が就学援助を現在受けています。今後も増加傾向にあり660人ほどが給食費の補助を受けています。この制度実現により昼食を確保出来たことは教育環境向上につながったと確信しています。
ただ、補助金の支給が後日になり現在の制度では先払いが前提になっていて申し込みたくても申し込めないことがあるなど、様々な改善が必要であると考えられます。

震災後については、津波に対する考え方を中心に災害対策を話して来ましたが、現在のシュミレーションはマグネチュード8.7を想定したものであり県知事・議員選においても選挙の課題に上がった所です。東日本大震災により防災に対する基準も変更せざるをえないと考えますし、私としては茨城県で発生したコスモ石油の爆発事故に危機感を持つところです。

明日からの選挙戦に何とか勝ち上がり、様々な地域の課題の解決に取り組めるよう頑張っていきたいと思います。