2012/06/18

一般質問が終わりました

一般質問が終わりました。今回の質問内容は、都市計画税の廃止と、学校給食、北大谷斎場についての3問を行いました。都市計画税と学校給食についてはこれまでに何度も質問してきており、自分にとって最重要課題であると認識しています。

前回の原稿にも書きましたが、10年表彰を機に改めてしっかり取り組むつもりであり、今後の問題・課題について質問したところです。ただ、入れ込みすぎたこともあり、突っ込みが足りませんでした。次回の課題にしたいと思います。


給食問題でも給食委託業者の選定方法の規定について見直しを求めて生きたいと考えています。ただ今年度9月にも入札公告があるので、早急な対応が必要であります。市民目線が重要でありますが、議員目線も(全体・財政・公平性)持ちながらしっかりと取り組んでいかなければなりません。

北大谷斎場は、公営の葬儀式場が3か所あり、その運営方法について質問を行いました。葬儀について一般の方は、喪主として執り行う葬儀式は多くても2・3回が普通だと思います。その際、運営方法について規則に従うのは当然でありますが、規則が時代に即していなくても、家族が亡くなった普通の精神状態ではないこともあり、従わらず得ないのが通常でしょう。


故人が生前中お花が好きで、最後の葬儀に関しては生花で祭壇を飾ってあげたいと思っても、規則で許されない、準備前に規則を調べるなんてことは、とても無理だと私は思います。それができないなら、途中で式場の変更はもっと無理であり、公営葬儀式場の規則の柔軟な対応、規則の変更も含めた質問を行いました。


時間が足りなく、検討していただきたいと意見でとどまってしまいました。ただ私が所属する委員会の担当部局でもあることから、今後の対応について意見交換を行っていけると考えています。



質問についてはこれぐらいにして、私たちリベラル21の会派の活動について報告を行います。


議員活動を行うのに、重要な事の一つとして健康であることが求められます。そこで私たちリベラル21の会派では、森智弘議員が健康局長になってもらい、健康管理を含めた、体重管理を行うスリムクラブを発足したところです。


会派11人中9人が参加しています。(2人は体重を減らす必要がないため)会派会議ごとに体重を量り、一喜一憂を繰り返していますが、健康部の保健士さんに食事面に関してと、運動(筋トレ)の方法を教えてもらい、年齢・身長による標準適正体重を目指して頑張っているところです。


仕事柄、食事会等が多くあり体重減には大きな障害となっていますが、自らの健康面を管理しようとすることが議員活動にプラスになると確信しています。